82d47739618ac6705b0481c5ac43d465_s

 RCPGについて

私共RCPGは統合的な学術的知見に基づき、ギャンブル等依存問題に対する必要かつ 適正な対策を行なう団体です。

NPO法人リカバリーサポート・ネットワーク及びNPO法人ワンデーポート、 さらには既存のカジノ・公営競技・パチンコ等のギャンブル等依存問題の研究や 対策に取り組む国内外の団体と連携し、 情報の共有をすすめながら、 全てのギャンブル等依存問題に対し、対策の実施や提言を行なっていきます。


具体的には、下記の活動を行っていく予定です。

・ギャンブル等依存問題に関する広報及び啓発

・依存問題を抱える方々への各種支援プログラムの開発と提供

・ギャンブル等依存問題に対する多面的な対策の提言および実施

・ギャンブル等依存問題の解決を支援するための人材育成と提供

・行政、学術研究機関、国内における関連他団体との連携及び情報交換

・海外のギャンブル等依存問題対策機関との連携 ギャンブル等依存問題への対策及び予防に関する創造的な提案と人材の育成を通じて、 心豊かな社会の実現に貢献します。


・代表理事
西村 直之(認定NPO法人 リカバリーサポート・ネットワーク代表理事)

・理事
新垣 元(医療法人 卯の会 理事長)
稲村 厚(認定NPO法人 ワンデーポート 理事長)
河本 泰信(医療法人社団 正心会 よしの病院 副院長)
篠原 菊紀(諏訪東京理科大学 教授)
麻生 利勝(麻生・栗原法律事務所 代表弁護士/慶應義塾大学 法学博士)


引用元:一般財団法人RCPG
一般社団法人RCPG(Resourceful Center of Problem Gambling)の記者会見が9月4日にありました。うまく機能すればいいですけど



 
 

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 名無しのパチスロッター
    • 2017年09月06日 12:46
    • 河本 泰信と篠原 菊紀の名前があるだけで分かる。ただの言い訳のために作った御用団体と。

      前者は依存性の治療について、業界に都合のいい主張をしている医者。たしかアメリカでギャンブル依存症がより病気として重い分類にされたことを批判していた。

      後者はパチを行っている時にドーパミン等の脳内物質が大量に出ていること(=依存性が強い)を発見して、パチンコの危険性を提唱していたが、いつの間にかパチンコ業界の代弁者となった御用学者。

      駄目だコリャ。

🔽 コメント気軽にどうぞ

(コメント欄での誹謗中傷行為はご遠慮ください)
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット